ごあいさつ社会保険労務士とはごあんない社労士検索トピックス試験情報登録・入会

メール

登録

 

ごあいさつ

HOME >  ごあいさつ

北海道社会保険労務士会会長よりご挨拶

ごあいさつ

 

写真:北海道社会保険労務士会 会 長 東海林 薫令和元年6月6日の通常総会にて、会長に就任しました
東海林 薫と申します。よろしくお願いいたします。

 

昨年3月に北海道社会保険労務士会(以下「北海道会」)・北海道及び北海道労働局との三者において「働き方改革推進に係る包括連携に関する協定」を締結しております。

 

「働き方改革」は、時間外上限規制、有給休暇の義務付け、同一労働同一賃金、勤務時間インターバル、労働時間把握、高度プロフェッショナル、フレックスタイム制の拡大などがあります。

 

全国社会保険労務士連合会では、社会保険労務士(以下「社労士」)が人の「心」に寄り添い、「人を大切にする企業」づくりを支援し、ひいては「人を大切にする社会」の実現を目指しています。

 

北海道会では、全国社会保険労務士連合会の基本方針より「人を大切にする企業」づくり、「人を大切にする社会」の実現を目指し、先ずは、北海道会事務局の職員については、家族主義を導入していきます。

 

私たち社労士は、人手不足、外国人労働就労そして企業の業種、業態、規模、地域性を考え、どう働き方改革を導入すべきかを日々研鑽しております。社労士=働き方改革と思っております。

 

「時代が求める社労士」にご期待を賜り、より一層ご活用いただきますようお願い申し上げご挨拶とさせていただきます。

 

北海道社会保険労務士会 会 長 東海林 薫

このページの最上部へ

Copyright (c) 2008 北海道社会保険労務士会, All Rights Reserved.